卒業後の進路

九州大学理学部地球惑星科学科の卒業生の大部分は、研究能力をさらに高めるために、大学院に進学します。そのほとんどは大学院理学府地球惑星科学専攻に進学しますが、九州大学大学院総合理工学府や他大学の大学院に進学する人もいます。卒業後、就職を希望する学生は、民間企業、公務員、教員などに就職します。

理学部地球惑星科学科卒業者の進路

2017年卒業

大学院進学34名、就職8名


就職先
気象庁、長崎県庁、鹿児島県庁、RKB毎日放送、JAL、 アウトソーシングテクノロジー、日本電気航空宇宙システム、福岡銀行

2016年卒業

大学院進学36名、就職9名


就職先
ANAエアポートサービス、岩崎産業、インフォテック、 NECソリューションズイノベータ、気象庁、九州電力、トヨタ

2015年卒業

大学院進学33名、就職16名


就職先
KDDI、CRE、大和ハウス、中国木材、三井住友海上火災保険、リコーITソリューションズ、リンクル、鹿児島銀行、 NEC航空宇宙システム、日本郵便九州支社、気象庁、全農福岡県本部、八幡高校、廿日市市役所、糸島市役所

2014年卒業

大学院進学34名、就職4名


就職先
九州旅客鉄道、クリック、筑紫高校、NTTデータ九州

2013年卒業

大学院進学38名、就職8名


就職先
大分ケーブルテレコム、熊本ゼミナール、さなる九州、日本生命相互会社福岡支社、NPO法人アカツキ、 福岡県警察、モンベル、宮崎県庁