地球惑星物質科学

地球惑星の内部構造と物質の進化を高圧物性実験によって研究しています。(画像をクリックで画像のみを表示)

地球惑星内部の実験による再現と物質解析で,深部構造と惑星進化を探る。(画像をクリックで画像のみを表示)

研究分野の概要

名称 地球惑星物質科学
教員 准教授 久保 友明
助教 上原 誠一郎
研究内容 地球惑星の内部構造と物質の進化過程を高温高圧X線その場観察などの実験的手法により研究しています。
キーワード 鉱物物理学, 地球惑星内部の化学分別と流動の素過程, 岩石鉱物の組織と構造の形成, 地球外天体の内部構造
Webサイト http://mineral2.geo.kyushu-u.ac.jp/

研究対象と方法

 私たちが手にすることができる大きさの岩石,鉱物,隕石、氷などは,地球・惑星を生物に例えると生物を作る細胞や分子と考えことができます。太陽系の惑星はこれらの物質で構成され、高温高圧の惑星内部から低温真空の宇宙空間まで多様で極端な環境条件が実現しています。地球・惑星・月などの天体の起源と変遷を知るためには,生物細胞中から遺伝子を読みとるように自然の物質が持っている履歴情報を物理的性質や化学組成に基づいて科学的に抜き出すことが必要です。地球惑星環境の過去と未来に普遍的な過程の理解には,物質科学に基づく検証が不可欠です。

 地球惑星物質科学研究分野では,高温高圧合成,高温高圧物性その場観察,低温高圧変形などの実験装置と光学顕微鏡,電子顕微鏡,分光測定機,X線回折などの解析装置を使い,地球惑星物質の物性研究を進めています。また,実験条件の可能性を拡大する装置開発も重要な課題と考えています。岩石鉱物の高温高圧条件での性質や微細な組織構造形成のメカニズムなど,地球惑星内部の基本的な過程を支配する物性は,自然に産出する試料および実験で得られる試料の解析を総合した解釈で明らかにすることが可能です。我々の研究分野はこのように実証的な物質科学に基づいて,惑星形成期の中心核形成,マントル分化,地球史での深部物質の分布,大陸地殻,惑星地殻の形成進化を明らかにする研究を進めています。