地球惑星博物学

サハリンでの野外調査(左);産出した白亜紀アンモナイト化石(右)(画像をクリックで画像のみを表示)


研究分野の概要

名称 地球惑星博物学
教員 教授 前田 晴良
研究内容 野外調査に基づく化石および古生物の研究
キーワード 野外調査,化石,化石化のメカニズム
Webサイト http://www.museum.kyushu-u.ac.jp/geo/Ammo_Labo.htm

研究対象

地球惑星科学科では、私達が生活する大地やそれをとりまく環境をより良く理解するために、総合研究博物館の教官が行っている古生物学を学ぶことができます。

古生物学分野

化石は、地質時代の生物の体の一部や生活の痕跡が地層中に保存されたものです。博物館では、化石生物の古生態や、生物の遺骸が化石として保存されるメカニズムを知るため、日本各地や海外のフィールド調査に基づく研究が行われています。特にアンモナイトの研究や、皮膚や筋肉など軟体部まで保存された化石の研究では、日本の研究拠点のひとつになっています。